マウンテン州バーリグ町カダクラン地区

(オゴオグ村、カレオ村、チュパック村、ルナス村)

 

カダクランはバギオ市から車で約10時間、深い山間にある美しい町です。

 2010年7月から2011年6月の一年間、CGNは山梨県のキープ協会の現地パートナー団体として、カダクランの4つの村でアグロフォレストリー(森林農法)を取り入れた森林再生事業を実施しました(国土緑化推進機構・緑の募金助成事業)。この事業では、アルヌス5,000本、カリエンドラ5,000本、アラビカ・コーヒー22,666本の合計32,666本の苗木を植樹。104家族が植樹に参加しました。また、植林を自主的かつ継続的に行えるよう、4つの村それぞれに苗木場を設置し、苗木の育成を始めました。そのほか、化学肥料や農薬を使わない苗木育成の方法、アグロフォレストリー栽培のコンセプトや方法について講習会や、小学校、高校での環境教育ワークショップなどを開催しました。

 

 

事業終了後もCGNはカダクランでモニタリングを継続しています。小学校や教員向けの環境教育ワークショップを開催したり、日本人向けスタディツアーを開催するなど、地域の環境保全に努めています。最初のコーヒーの収穫のために、収穫後の加工技術講習会も行いました。